鎌倉ヒロ病院は鎌倉地域の医療を担う、内科・循環器科・外科・胃腸科・整形外科・産婦人科・脳神経外科・泌尿器科・リハビリテーションを備えた病院です。

鎌倉ヒロ病院 医療法人社団楠仁会

TEL0467-24-7171/FAX0467-24-7174

〒248-0013 神奈川県鎌倉市材木座1-7-22

ホーム病院紹介交通・駐車場案内お問合せ

ホーム > 外科・胃腸科

外科・胃腸科

外科・胃腸科トップ 医療設備

経鼻的上部消化管内視鏡を使用しています



外科・胃腸科部長 武谷 克重

外科・胃腸科 武谷 克重

 風邪をひいたときの診察で、舌の奥をヘラみたいなもので押されて「オエッ」となりそうな経験をしたことがあると思います。これを咽頭反射(いんとうはんしゃ)といいますが、口から内視鏡を入れる場合は、多少なりともこうした咽頭反射が起こります。ところが、鼻から入れる場合は舌の根元に触れないので、ほとんど吐き気をもよおすことなく検査することができます。
 口から内視鏡を挿入する場合、口がふさがってしまうために検査をしているときは話ができません。しかし、鼻からの場合は口がフリーなので、検査をしている医師と「痛くありませんか?」「はい、大丈夫です」というやりとりができます。気になったことをその場で確認できるので、安心して受診できます。
 鼻からの内視鏡検査の場合、鼻腔(びくう)への局部麻酔を行いますが、麻酔から覚めるのも早く、ほどなく日常生活へ復帰できます。通常の口からの場合、1〜2時間は食事ができませんが、鼻からの検査の場合は検査終了後30分〜60分で、水を飲んだり食事をすることができます。原則、注射を行わないので、麻酔が覚めて体の状態がもどれば運転もすぐにできます。